あなたの家を守りたい
格安で耐震対策を行うなら、フルハウス技研関西へ
■サイトマップ
■サイトポリシー
■建築関係者様 専用ページ

Q & A  よくある質問

地震対策・耐震補強について

耐震工事には、他にもいろいろ方法があると聞きました。他の工法との違いは何ですか?

耐震補強には、壁を補強したり、基礎をコンクリートにして補強するなど、いろいろな方法があります。 家の形状によっても、どの工法があっているかは一概には言えません。けれども、あなたの家が木造住宅 なのであれば、考え方のヒントとしては、「あなたがどういう耐震補強をしたいのか?」ということです。 それは、言い換えると、「どこまでのことをしたいのか?」ということです。

つまり、地震が来たときに、家が揺れないのはもちろん、壁が崩れないようにしたい、 屋根が落ちないようにしたい・・・それこそ、「ビクともしない家にしたい」と思うならば、やはり壁を壊し、 床をはがし、土台を作り直したりして、大掛かりで何百万円もする工事になるでしょう。 (というよりも、そこまでのことをするなら、もういっそのこと建て替えたほうがいいと個人的には思います。)

けれども、大きな地震が来たときに、「壁が多少崩れてもいい。屋根がずれ落ちてもいい。 家さえ倒れなければ家族は圧死しない」・・・そう思うのであれば、 「柱のほぞ抜け」を防ぐこと、そして家が倒れないように、柱と基礎のつなぎ目を強化することに 専念した工事をすればいいのです。そうすれば、工事も簡単ですし、費用も大幅に抑えられます。


リフォームを考えています。耐震補強とリフォームは、一緒にすると安くなってお得だと聞きましたが、本当ですか?

従来の、壁を壊したり床をはいだりする耐震工事の場合は、リフォーム時に一緒にやると無駄が少ないと言えます。ただし、その場合もリフォーム会社にお任せで耐震補強をするのではなく、「どういう理由で」「どういう耐震補強をするのか」は知っておいたほうがいいと思います。 そうでないと、当初予想もしなかった金額の工事をすることになり、 「ま、これで耐震ができたならよしとするか」と思ったものの、実のところ、それが妥当な工事だったのか・本当に必要な工事だったのか、他に選択肢はなかったのか・・・例えば、同じ強度を得るために、別の工法との組み合わせでコストを抑える、ということができたのか、それともできなかったのか・・・などなど、悩まれるケースもあるからです。そう何度もする工事ではないですから、専門的なことはともかくとして、悪徳業者にだまされないためにも、基本的な知識は持っておかれることをお勧めします。

当社で耐震工事をするしないに関わらず、無料電話相談を受け付けています。
(ただし、木造住宅専門のため、木造住宅についてのみお答え出来ます)
どうぞ、お気軽にお電話ください。

無料電話相談はこちらから


耐震工事をする前に、専門家による耐震診断をお願いしないといけませんか?

どの耐震補強をするにも、事前に専門家による耐震診断は義務ではありませんが「家の耐震度をきちんと知りたい」という場合は、専門家にお願いするとよいと思います。


この際、徹底的にわが家が地震にどれだけ強いのか調べたいと思います。専門家に耐震診断を申し込むには、どうしたらいいですか? また、費用はどれくらいですか?

お住まいの市区町村の建築行政部局に問い合わせをしてみてください。地域の耐震診断を引き受けている専門家を紹介してくれます。 兵庫県内では、昭和56年5月31日以前に着工された木造戸建住宅であれば、無料もしくは約3000円で簡易耐震診断が受けられます。


この「耐震補強プレート・タイタン、ヘラクレスT・U」が適さない家はありますか?あるとしたら、どんな家ですか?

この「耐震補強プレート・タイタン、ヘラクレスT・U」は、木造住宅が対象です。
ですので、プレハブ住宅や軽量鉄筋住宅、コンクリート住宅、ツーバイフォーで建てられた家などは当てはまりません。


「23万円でできる」とありますが、どうしてそんなに安いの?

「耐震補強プレート・タイタン、ヘラクレスT・U」は、「耐震補強を全国に普及させたい」という思いで商品化しました。なので、当初から既存の耐震補強よりも安くて取り入れやすいものを、と考え、価格の設定にはこだわりました。とはいえ「安かろう、悪かろう」では意味がないので、強度や耐久性にも充分考慮しました。

そのうえ、「耐震工事は工事代金が不明瞭だ」とのお客様の声から、工事代金も込みにしたセットをご用意しました。


製品が安くても、その代わり工事代金が高いんじゃないの?

耐震補強に使う装置・金具は安いのに、工事代金で高額になる・・・、はっきり言うと「ぼったくり」の業者も、残念ですがあります。 また、同じ装置・金具を使った耐震工事なのに、お願いする工務店によって金額が違ってしまう・・・ということも、多々あります。 それは、工事を担当する工務店によって、工事代金の設定金額が違っているからなんですね。 けれども、やはりそれでは一般の人にはわかりにくい。 また、そういう工事代金の「どんぶり勘定」が許されるリフォーム・増改築・耐震工事業界の土壌が、悪徳業者のつけいるスキを与えている、と私は考えます。
ですので、今回、私は工事代金までも込みの料金プランを設定しました。


見積りは無料ですか?

はい、見積りは無料でいたします。全国どこでもお伺いします。

無料見積りはコチラから


ついでに他の工事を勧められたり、リフォームなど営業されることはありませんか?

お客様からのご要望がない限り、工事のついでに「屋根を見させてくれ」とか、「床下を点検します」と言い、それを口実に他の工事を勧める・・・というようなことは致しません。また、工事後も、しつこい営業をすることはありません。


シロアリの被害があるかもしれません。それでも工事は可能ですか?

耐震補強プレート・タイタン、ヘラクレスは、地震が起きたときに、基礎から柱が抜けることを防ぐものですが、そもそも、柱がシロアリなどの被害で弱っていると、当然ながら効力を発揮できません。ですので、もしシロアリ被害にあわれているなら、補強工事をする前に、シロアリに対処する必要があります。 私たちからシロアリ駆除をお勧めすることはありませんので、まずはご自身で点検してみてください。

点検ポイントとしては、

・浴室や台所、そして家の北側の柱や土台部分を、ドライバーなどの器具で突いてみる。
ガサガザと突き刺さってしまうようなら、腐っていたり、シロアリの被害にあっています。

・梅雨時に、羽アリが集団で飛び立つのを目撃した この場合もシロアリの被害にあっている可能性が高いです。


その他にも、まだまだ不明な点・わからない点があるかもしれません。 そのときは、いつでもお気軽にお問合せください。 あなたのお家の状況を、お聞かせくださいね。

[次へ>>料金プラン]  [資料請求]   [このページのTOPへ]





 
ホーム
耐震対策施工の流れ
料金プラン
資料請求
お客様の声
Q & A
無料見積
会社概要